風邪予防も期待できる漢方料理の基礎知識

漢方料理は薬膳と深い結びつき

薬膳とは漢方医学の数ある治療法のひとつで、食材や身体を漢方で考えて薬膳漢方料理とします。

 

体質自体を改善させるという治療方法

身体を根本からよくしていくことが基本の考え方となっています。しかし、それには時間を必要とします。

 

病気の予防、治癒効果などを期待

医食同源という言葉があるように、食事、つまり食材は天然の薬となり、病気の予防、治癒効果などを期待することができます。

 

 

 

漢方料理は薬膳と深い結びつきがあります。薬膳とは漢方医学の数ある治療法のひとつで、食材や身体を漢方で考えて薬膳漢方料理とします。基本的な考え方として食べ方と食材自体の力に観点を置いています。

 

漢方のひとつでもある薬膳漢方料理は東洋医学に該当し、現代医学とも言われている西洋医学とは考え方や治療法が異なっています。東洋医学の漢方が最も重視しているのは、その人の体質です。それを「証」と漢方ではいいますが、証に応じて漢方薬が処方され、体質自体を改善させるという治療方法となっています。

 

つまり、身体を根本からよくしていくことが基本の考え方となっています。しかし、それには時間を必要とします。一方、西洋医学では、処方される科学的な薬なので即効性があり、症状を早く改善させることができます。

 

しかし、体質を改善しているわけではないので、薬を辞めてしまうなら再発のリスクがあります。実際、糖尿病の方や高血圧の方は一度、薬を飲んでしまうと病気をコントロールするためにずっと飲み続ける必要がでてきます。それぞれにメリットとデメリットがあるため、どちらが優れているとは一概に言うことはできませんが、自分に合った治療方法を選択することができるでしょう。

 

しかし、大きな病気が発症する前から、つまり、普段の食事で漢方料理を摂っているなら、風邪などの予防はもちろん、大きな病気も未然に防ぐことができます。医食同源という言葉があるように、食事、つまり食材は天然の薬となり、病気の予防、治癒効果などを期待することができます。食材には薬効などの効能が多く含まれていますので、自分の体調にあった食材を選び料理することで漢方料理を摂ることができます。

 

たとえば、風邪を予防するために、”ねぎ”で漢方料理を作ることができます。ネギの青い葉の部分と白い部分では栄養成分が異なっています。

 

漢方で”葱白(そうはく)”と呼ばれる白い部分は風邪の特効薬として古くから使用されてきました。香りと辛みの成分”アリシン”が、血行を促進させる作用があるので身体を温めることができ、風邪を撃退することができます。

 

また胃液の分泌をサポートする働きもあるので、弱っている胃腸の働きを活発にさせることができ、食欲増進効果もあります。それに加え、ねぎの青い部分にもビタミンC、カロチン、カルシウムなどのミネラルがたっぷり含まれているので風邪の予防効果を期待することができます。

 

例としてねぎを取り上げましたが、各食材には薬効効果や効能をもっています。それらの知識を身につけるなら、自分の体調にあった漢方料理を容易に作ることができるようになります。

 

どうして漢方と薬膳が注目されているの?

今女性を中心に漢方と薬膳が注目

薬の副作用に敏感な方や、健康志向が強い方を中心に東洋医学である漢方や薬膳が人気となっています。

 

治療をするよりも病気を予防する

漢方や薬膳で健康を促進させることにより、治療をするよりも病気を予防することが現代では注目されています。

 

健康はもちろん、美容への効果を期待

身体の内側から美しくなることができ、健康と美に役立てることができる漢方と薬膳には資格があるためそれを目指している方も多くいます。

 

 

今女性を中心に漢方と薬膳が注目されています。現代社会、つまり現代医学では西洋医学の化学療法が一般的となっています。

 

しかし、薬の副作用に敏感な方や、健康志向が強い方を中心に東洋医学である漢方や薬膳が人気となっています。

 

つまり、漢方や薬膳で健康を促進させることにより、治療をするよりも病気を予防することが現代では注目されています。毎日忙しい生活を送っている現代人は、食生活が乱れやすく健康を害しがちです。忙しすぎて毎日外食ばかりで栄養が偏っている人も少なくありません。

 

そのため、お腹周りがでてきてしまったり、肌荒れが生じたり・・などの悩みを抱えています。また、身体がだるい・・、なんとなくイライラする・・と病気ではないのに体調不良を感じている人もいます。

 

しかし、漢方や薬膳を毎日の食事で摂りいれるなら、健康になることができ、大きな病気も未然に防ぐことができるので、多くの方から注目されています。

 

普段の生活から病気を予防するという考えをベースとしている中医学では、身体のバランスや体質を診て食材を選び、料理します。それには食材ひとつひとつの薬効効果や効能などの知識を必要としますが、その理論を活かして料理へと活用し、健康はもちろん、美容への効果を期待することができます。

 

身体の内側から美しくなることができ、健康と美に役立てることができる漢方と薬膳には資格があるためそれを目指している方も多くいます。

 

最近では「漢方コーディネーター」や「薬膳料理師」などの漢方や薬膳系の資格の需要が大きく上昇しています。この需要は今後もさらに伸びていくことが予想されます。とくにオーガニックに興味やこだわりを持っている方、健康志向の方、また家族の健康管理をしている主婦の方、これから子育てをする妊娠中の方などにおススメの資格となっています。

 

また現在オーガニック料理を提供している飲食店を経営している方やスタッフとして働いている方、これから料理人として活躍していきたい方にとってはスキルアップとして役に立てることができる資格と言えるでしょう。

 

漢方や薬膳は今注目されているスーパーフードのため、美容や美意識の強い女性など幅広いジャンルですでに注目されています。

 

あなたもなんとなく作る薬膳漢方料理から、理解し納得することができる薬膳漢方料理を作って、健康と美を手にしたいと思われませんか?

 

家族の健康・体調管理もできる漢方料理

両親の体調が心配な方、ご主人のメタボが気になっている方、妊娠中に何を食べたらいいのか、子どもに何を食べさせればいいのか分からない方など、家族の健康や体調管理をしている主婦の方には漢方料理がおススメです。

 

漢方料理は薬膳の知識を正しく身につけることで、ご自身の体調はもちろん、家族全員の体調に合わせて薬効効果や効能がある健康的な食材を選ぶことができるようになります。漢方料理は、普段の食生活から病気を予防している中医学の重要な実践方法のひとつです。

 

漢方や薬膳の理論を身につけることで、漢方料理へと活用することができます。健康はもちろん、美容効果まで期待することができるので、難しいものと考えず、楽しみながら生活に漢方や薬膳を取り入れていくことができるでしょう。

 

漢方料理は、本などをみて作ることもできます。しかし、専門書を読んでもなかなか理解しにくく、良くわからないまま料理を作ってもおいしく味わうことはできません。

 

また、漢方や薬膳の多くは自然由来の食材がほとんどなので安全なイメージがありますが、その人の体調や状態によっては避ける必要がある食材や組み合わせなども存在するため、正しい知識を身につける必要があります。なので、漢方や薬膳の知識が身についているなら、漢方料理を理解し納得のいく料理を作ることができます。

 

このように本当に理解して作る漢方料理とそうでないものとでは効果も異なってきます。そこで、漢方料理の腕を上げるために漢方資格の取得を目指すことができます。

 

資格に必要な漢方に関する知識を深めることで、その人の体質や、その時の症状に必要な薬膳が分かり、適切な漢方料理を摂りいれることができるようになります。

 

漢方で風邪予防するための方法

自然とのバランスを考える漢方では、風邪を4つのタイプに分けています。中医学のひとつである漢方では、風邪の主な原因は、風邪(ふうじゃ)という邪気が体に入るため、と考えます。

 

病気の原因には外因と内因の2つがあり、風邪は外因の要素となる6つの邪気、風、寒、暑、湿、燥、火の中のひとつが原因となると言われています。

 

ではどのように風邪を予防することができるでしょうか?風邪を4つのタイプに分けてその予防方法と対策方法を知ることは大切です。

 

・「寒」の風邪
この風邪は、ぞくぞくっとする悪寒や頭痛、関節の痛み、肩コリ、透明な鼻水など風邪の初期にあたる症状が特徴となっています。

 

このタイプの風邪の場合、熱はなく、汗もまだかかない状態ですが、身体を温めて寒を取り除くことがとても大切です。ねぎ、白菜、大根を煮込んだスープ”三白湯(さんはくとう)”がおススメです。生姜や三つ葉などをトッピングするならさらに薬効効果や効能を期待できます。

 

・「熱」の風邪
この風邪は、発病したときから熱が高く、のどに腫れや痛みがあります。また粘りのある鼻水、喉が渇くなどの特徴があります。

 

このタイプの風の場合、塩水やお茶でうがいをすることができます。また味噌汁にゴボウを加えると効果的です。

 

・「湿」の風邪
この風邪は、胃がムカムカしたり、吐き気、下痢、食欲不振など消化器系の症状が現れる胃腸型の風邪です。

 

胃の調子が悪い時には、生ものや脂っこい料理は避けて、お腹を温めて胃にやさしいもの、たとえばおかゆなどを摂るようにしましょう。解毒作用のあるニンニクやショウガ、しそなどを上手に活用することができます。

 

・「燥」の風邪
この風邪は、咳が強く、痰がからみ胸が苦しくなるという特徴があります。

 

呼吸器系の弱い人や、風邪の治りかけによく見られる症状でもあります。マスクや加湿器で改善させることができます。また、杏仁豆腐や茶碗蒸し、大根の煮物など肺を潤す食事を摂ることができます。

 

漢方料理は薬膳の知識を正しく身につけることで、ご自身の体調はもちろん、家族全員の体調に合わせて薬効効果や効能がある健康的な食材を選ぶことができるようになります。

要点を紹介するキャラクター

 

漢方・薬膳系のおすすめ資格ランキング

画像名を入力

漢方コーディネーターの特徴

漢方コーディネーター資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している民間資格です。

漢方や漢方薬に関する基礎知識、漢方独自の診断方法や養生などの理解が求められます。

総合評価 評価4.5
使いやすさ 評価4.5
掲載情報量 評価4.5
漢方コーディネーターの総評
  • 漢方や漢方薬に関する基礎知識
  • 漢方独自の診断方法や養生などの理解
  • 受験も自宅で行うことができるので、忙しくしている方でも気軽に受験しやすい
公式サイトへ

 

画像名を入力

薬膳調整師の特徴

薬膳調整師認定試験資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している民間資格です。

薬膳の基礎知識、薬膳に対する一定以上の理解、漢方的な観点からみた各食材の薬効効果や効能などの知識や理解が求められます。

総合評価 評価4
使いやすさ 評価4
掲載情報量 評価4
薬膳調整師の総評
  • 薬膳の基礎知識、薬膳に対する一定以上の理解
  • 漢方的な観点からみた各食材の薬効効果や効能などの知識や理解
  • 2ヶ月に1度試験を受けることができるチャンスがある
公式サイトへ
第1位:漢方コーディネーター

漢方コーディネーター資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している民間資格です。

 

漢方や漢方薬に関する基礎知識、漢方独自の診断方法や養生などの理解が求められます。
試験内容は漢方の基礎知識をはじめとし、漢方の歴史、思想、気・血・水、五臓六腑、養生と四季、漢方薬の特徴と使い方などの知識があり理解していることが必要です。

 

受験資格は特にありませんが、受験料として10,000円(税込)が必要となります。日本安全食料料理協会のホームページから受験申込みの手続きをすることができます。

 

試験は年に6回偶数月に実施されています。後日、記入した住所あてに問題用紙と解答用紙が届き、自宅での在宅受験となります。

 

提出期限中に返信用封筒で解答用紙を送ります。約20日程度で合否の結果を知ることができます。合格基準は正答率70パーセント以上となっています。

 

自宅でインターネットから申し込みをすることができ、受験も自宅で行うことができるので、忙しくしている方でも気軽に受験しやすいといえるでしょう。

 

第2位:薬膳調整師

薬膳調整師認定試験資格は、日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している民間資格です。
薬膳の基礎知識、薬膳に対する一定以上の理解、漢方的な観点からみた各食材の薬効効果や効能などの知識や理解が求められます。

 

試験内容は薬膳の基礎知識をはじめとし、食養生、食療と薬膳、食材の性質、五味、帰経、食材と効能などの薬膳に関する基本的なことを理解している必要があります。

 

受験資格は特にないので、誰でも自由に受験することができます。漢方コーディネーター資格同様、受験料が10,000円(税込)必要となります。

 

日本安全食料料理協会のホームページから受験申込みの手続きをし、在宅受験となっています。試験も漢方コーディネーター資格同様、年に6回、偶数月に実施されています。2ヶ月に1度試験を受けることができるチャンスがあるので、気軽に申し込んでみることができるでしょう。

 

一番おすすめなのは「漢方コーディネーター資格」

今人気の資格として注目「漢方コーディネーター」
健康な体へと体質を改善させることができる漢方が注目
身体の体調を整えて治療することが基本的な考え方

日本安全食料料理協会(JSFCA)が主催している「漢方コーディネーター」資格は、資格取得後はカルチャースクールやセミナーなどで漢方コーディネーターとして講師として活躍したり、漢方専門店で漢方コーディネーターとして資格を活かすことができるため、今人気の資格として注目されています。

 

わたしたちの身近にある和食は昔から健康食と言われていますが、日本人の食生活が欧米化してきているため糖尿病などの生活習慣病が増加していると言われています。

 

そこで最近、天然由来の素材に含まれている食材の特徴や効能、有効成分を活かして健康な体へと体質を改善させることができる漢方が注目されています。

 

漢方と聞くと、奥が深くて難しそう・・と思われる方も中にはいるかもしれませんが、身近にある食材で漢方料理も作ることができます。そもそも漢方とは、中国古代に複数の草や鉱物、木の皮などの天然素材を組み合わせることで薬の効果を倍増させることができます。現代では日本の環境や日本人の体質に合わせて進化しているので、漢方は日本の伝統医学となっています。

 

そして、身体の体調を整えて治療することが基本的な考え方としているので、悪い部分だけではなくその原因の根本に着目し、患者さんの体質をみたオーダーメイドの判断で、漢方を服用することができます。それにより、免疫力を向上させることができ健康な体質へと改善させることができます。

 

漢方コーディネーター資格があるなら、漢方に関する豊富な知識を生かし、患者さんの病気の症状や体質に合わせて、その人に合った漢方の組み合わせを選び提案することができます。

 

漢方コーディネーター資格は、漢方薬をコーディネートするだけでなく、自宅で講師として漢方について講座を開くこともできます。また自分の健康管理にはもちろん、家族や友人の体調改善にも資格を活かすことができます。漢方コーディネーター資格取得を目指し、独学で勉強することもできますが、多くの方が通信講座を受講して漢方コーディネーター資格を取得しているようです。

 

通信講座なら、忙しくてもカリキュラムをこなすことができるように組まれていますので、自分のペースで勉強を進めていくことができます。

 

また漢方コーディネーター資格取得後に、薬膳調整師資格の取得を目指す方も少なくありません。漢方と薬膳は密接な関連性があるので、漢方と薬膳のW資格を目指すのもひとつの方法と言えるでしょう。

 

漢方資格講座はこちら

 

まとめ

薬膳や漢方は普段の生活ではあまり馴染みがないかもしれませんが、最近では健康志向の方やオーガニックに興味がある方など女性を中心に注目されています。

 

薬膳や漢方は身体に良いものとは分かっていても、どのような材料で、どのような効能があるのか分からない方も少なくないことでしょう。そこで漢方や薬膳系の資格取得を目指してみることができます。

 

資格取得得を目指すことで、漢方や薬膳の基本的な知識はもちろん、それを活かした薬膳料理など実践でも役立たせることができます。

 

また資格取得後は、漢方や薬膳専門の講師として、またはアドバイザーとして活かすことができます。またすでに飲食店などで働いている方にとっってはスキルアップとして資格を目指すことができるでしょう。

 

そして何よりも資格で得た知識を、自分の健康と美容のために、そして愛する家族や友人の体調管理のために活かすことができます。資格取得のために通信講座を受講し、学ぶなら効率よく勉強を進めていくことができます。

 

あなたもこの機会に漢方や薬膳の資格取得を目指してみるのはいかがでしょうか?

更新履歴